ヘッダイメージ
やなぎ収一郎・公式ブログ
 2011年8月20日(土) 趣味に熱中していると時間を忘れる?
8月20日(土)三重公民館を借りて、楽しみにしていた三重将棋愛好会(須永和喜会長)主催の第4回渡良瀬杯将棋大会が開催され参加をした。
参加者は三重地区在住の人たちが多かったが市内全域から総勢20人の将棋愛好者が集まった。
午前10時の開会式で当愛好会の顧問をしている関係で挨拶をさせていただいた。
考えてみると中学生のころ先輩から将棋を教えてもらい、何となく関心を持つようになった。高校へ行っても学校帰りに街中の同級生の自宅で指したものだ。
社会人になってからは、時々昼休み将棋を楽しんでいた。最近では、NHKの日曜番組「将棋の時間」のビデオを撮っておき、暇な時に見ている。
ところで将棋大会の結果は、次のとおり
優勝 飯島 次雄さん(五十部町)、準優勝 柳 収一郎、第3位 矢菅好洋さん(山下町)、須田 悦司さん(毛野新町)でした。
競技方法は、1組4人で5組つくり、各組リーグ戦を行い、各組上位2名がA組トーナメントへ残念組は、B組トーナメントへそれぞれ進出する方法をとった。
今日は、運も味方をしてくれた。6回戦って2回が時間切れ勝ちであった。(1人持ち時間25分)
それにしても会員が25人いるが、月2回第1・第3土曜日の午後練習日となっており、皆さんが楽しみながら切磋琢磨している成果が徐々に出てきているように思えた。
正直、第1回・2回大会の時は比較的楽勝であった方とも紙一重であった。
皆さん、熱中して指していたせいか、時間の経つのが早く感じたものである。終わってみたら午後4時ごろであった。次回の大会がまた楽しみである。新会員募集中
このページのトップへ


最近の活動通信
月別一覧
Copyright © 2010 YANAGI SHUICHIROU. All rights reserved.